目の下のクマ コンシーラー

MENU

クマ隠しのためのコンシーラー選びのコツ

目の下のクマ,コンシーラー
目の下のクマを隠すのに役立つのが、筆タイプのコンシーラーです。

 

とくにファンデなら厚く塗らないと隠しきれない目の下のクマでもコンシーラーなら自然に隠すことが可能です。

 

しかしながら方法を間違うと隠そうと思っても非常に不自然になってしまいます。

 

そこで目の下のクマをコンシーラーで隠す時の最低限のポイントをチェックして起きましょう。

 

目の下のクマに合った色を選択する

目の下のクマ,コンシーラー
目の下のクマをコンシーラーで隠す時にいちばん大切なことは、自分の目の下のクマに合う色のコンシーラーを選択することです。

 

選ぶべきコンシーラーの色は目の下のクマの種類に応じて異なるので、まず自分の目の下クマがどの種類なのか確認しておく必要があります。

 

自分の目の下のクマを確認する方法はとても簡単なので試してみてくださいね。

 

まず目の下の皮膚を指で引っ張ったり、上下に動かして見た時に薄くなる場合は青クマで、薄くならない場合は茶クマです。そして完全に消えてしまう場合には黒クマです。

 

自分の目の下のクマが青クマの場合にはオレンジ系の色、黒クマの場合にはベージュ、パール系、茶クマの場合には黄色系の色がそれぞれオススメです。

 

柔らかいリキッドタイプか筆タイプで

目の下のクマ,コンシーラー

目の下のクマを隠すためにコンシーラーを使用する場合には、柔らかい、リキッドタイプもしくは筆タイプのコンシーラーを選ぶと良いでしょう。

 

なぜなら目の下の皮膚は顔の他の部分よりも弱くてデリケートなので、硬いスティックタイプだとどうしても強くこすりつけがちで、皮膚にダメージを与える恐れがあるからです。

 

スティックタイプのコンシーラーしか無い場合には直接塗らないで指に取ってからやさしく塗るようにしてください。

 

保湿成分が入っているものを

目の下のクマ,コンシーラー
目の下のクマを隠す目的でコンシーラーを使用する場合には保湿成分入りの物を選択する良いでしょう。

 

なぜなら目の下の皮膚は顔の中でも乾燥しやす部分で、乾燥している目の下の皮膚にコンシーラーを塗ると粉浮やヨレの原因となってしまうからです。

 

せっかくコンシーラーで目の下のクマを上手に隠しても乾燥で粉っぽくなってしまったり、パリパリになってしまったら、せっかくの苦労が水の泡です。

 

また保湿成分入りのコンシーラーなら肌が乾燥しているときでも上手に塗ることができるのでその意味でもオススメです。

 

 

>>アイキララの口コミでわかる購入者の本音とは?