アイキララ 効かない

MENU

アイキララが効かないって本当なのか?

アイキララ,効かない

目の下の皮膚やせに着目した新しいアイクリームとして注目のアイキララ

 

これまでコンシーラーやファンデーションで隠すしかなかった目の下のクマやたるみをケアできると人気の商品です。

 

その効果は化粧品ではあまり例がない医学誌にも掲載されると言うことで注目を集めています。

 

そんなアイキララですが一部では効かないという噂も・・・

 

アイキララで目の下のクマやたるみをなんとかしたいと思っていた人には本当に気になるところだと思います。

 

そこでアイキララは効かないと言う噂は本当なのか調べてみました。

 

Yahooで検索してみると

 

アイキララが気になったら、インターネットのYahooやgoogleで検索してみると言う方も多いと思います。

 

そこで実際にアイキララをYahooで検索してみると

 

アイキララ,効かない

参考|Yahoo! JAPAN

 

このように「アイキララ 効かない」と言う言葉が現れます。

 

これは実際に「アイキララ 効かない」という言葉をYahooで検索している人がたくさんいると言うことです。

 

そこでアイキララが効かないと言うのは本当なのか?

 

またなぜこのような噂が流れてしまうのか?調べてみました。

 

アイキララが効かない人の共通点

 

アイキララが効かないと言うのは本当なのかどうなのかを知るために、実際にアイキララを購入して使ってみた方の口コミをチェックし見ました。

 

するとアイキララが効かないと答えている人の口コミからはいくつかの共通点が見えてきました。

 

アイキララを正しく使っていない

 

アイキララで期待通りの効果を実感するためには正しい使い方でアイキララを使う必要があります。

 

アイキララの使い方の中でも特に守る必要があるのは、毎日継続して使用するということです。

 

アイキララはMGAと言うコラーゲンの生成を助ける成分を目の下の皮膚に浸透させることで、目の下の皮膚痩せを解消して、目の下のクマやたるみをケアします。

 

そのためには毎日根気よく継続してMGAを目の下の皮膚の内側に浸透させる必要があります。

 

だからアイキララは朝と晩の1日2回、MGAがしっかり浸透するように洗顔後の整った肌に使う必要があります。

 

しかしながら忙しい等の理由で1日1回しか使わなかったり、メイク後に気が向いたときだけ使うというような人は効果を実感しにくいようです。

 

使う期間が短すぎる

アイキララ,効かない

アイキララは毎日継続して使う必要がありますが、それと同時に確実に効果を実感するためには最低でも3ヶ月は継続する必要があります。

 

なぜなら皮膚にはターンオーバーと言う生まれ変わる周期があるからです。

 

皮膚のターンオーバーは年齢により異なり、よく言われる28日の周期は20代の若い頃の周期です。

 

そして30代では40日、40代では50日、さらに50代以上では75日以上と年齢が高くなるに連れて長くなります。

 

アイキララで効果を実感できないという方は20代のターンオーバーの周期にも満たない1ヶ月未満の使用期間の方が多いです。

 

アイキララで効果を実感するためにはできれば3ヶ月、最低でも年齢に応じたターンオーバーの周期の日数は使ってみることをおすすめします。

 

アイキララが効かないと言う噂は以上のような理由により効果を実感できなかった人の口コミが原因かもしれません。

 

そしてアイキララで効果を実感するためには正しい使い方でケアすることをおすすめします。

 

▼全額返金保証付き▼

アイキララが最安値の通販はこちら

 

>>アイキララを使ってみた方の口コミの詳細