目の下のクマ 年齢

MENU

目の下のクマと年齢の関係とは?


目の下のクマが出来ると年齢よりも老けて見られてしまいますよね。

 

目の下のクマは老化現象と言われたりもしますが、目の下のクマが出来る原因は年齢によるものなのでしょうか?

 

たしかに若い頃よりも目の下のクマができやすくなってきた、目の下のクマが目立つようになってきたと言う人がいます。

 

しかしながら一方で子供にも目の下のクマができてしまったりもします。

 

そこで目の下のクマができる原因は年齢と関係があるのか調べてみました。

 

目の下のクマは年齢が原因なのか?

目の下のクマの種類によって異なり、年齢にかぎらず様々な原因が考えられます。

 

目の下のクマはその原因により青クマ、黒クマ、茶クマの3種類に大きく分けられます。

 

年齢の影響を一番受けやすい黒クマ

年齢による影響が一番大きいのは黒クマです。

 

黒クマは目の下の皮膚がハリを失って、重力に逆らえずに垂れ下がってしまうことによるたるみで出来る黒い影です。

 

つまり黒クマは目の下のたるみによってできるので、目の下のたるみ=黒クマとも言えます。

 

なお目の下の皮膚が垂れ下がってしまう原因は、加齢により目の下の皮膚の内側のコラーゲンが減少してしまうことにあります。

 

したがって、黒クマを解消するにはコラーゲンの生成を活発化させて目の下の皮膚のハリと弾力を取り戻すのが有効です。

 

年齢の影響も一部に受ける青クマ

黒クマの次に年齢の影響を受けるのは青クマです。

 

青クマは目の周りの毛細血管が血行不良を起こして、鬱血して青黒くなっているのが、目の下の薄い皮膚を通して青く透けてしまうことにより出来るクマです。

 

ちなみに目の周りの毛細血管の血行不良の睡眠不足やストレスが主な原因ですが、黒クマと同様に加齢により目の下の皮膚が薄くなってしまっていることも大きな原因です。

 

したがって青クマを解消するにはレンジで30秒ほど加熱した蒸しタオルを目の上に置いて血行を良くしたり、アイマスクをして目を休ませるのが効果的です。

 

それと同時に黒クマと同様に薄くなった目の下の皮膚のケアを行うとよいでしょう。

 

年齢とはあまり関係が無い茶クマ

3種類のクマのうち、茶クマはあまり年齢とは関係がありません。

 

茶クマは紫外線や目のこすりすぎ、メイクの落とし残してなどによって生じる色素の沈着が原因です。

 

したがって茶クマを解消するにはハイドロキノン誘導体やビタミンC誘導体を配合した美白化粧院品でのケアが有効です。

 

年齢による目の下のクマに有効なアイキララ

年齢が原因の目の下の黒クマや青クマができる一番大きな原因は加齢により目の下の皮膚の内側のコラーゲンが生成されにくくなることにあります。

 

したがってこのような目の下のクマを解消するにはコラーゲンの生成を促進させるビタミンC誘導体であるMGAを配合したアイキララが非常に有効です。

 

またアイキララには美白成分も含まれているので、年齢が原因の黒クマ、青クマだけでなく、色素沈着が原因の茶クマにも有効です。

 

▼全額返金保証付き▼

アイキララが最安値の通販はこちら

 

 

>>アイキララの口コミでわかる購入者の本音のとは?