アイキララ 使い方

MENU

アイキララの使い方でおさえておくべき点とは?

アイキララ,使い方
アイキララは年齢とともに年々ひどくなってくる目の下のクマやたるみを解消できると話題のアイクリームです。

 

アイキララに含まれているビタミンC誘導体の一種のMGAが目の下の皮膚にハリと弾力を与えて、根本から目の下の悩みを解決します。

 

使ってみた人の8割以上が効果を実感しているという評価の高いアイクリームです。
アイキララ,使い方
しかしながら使い方を間違えると期待通りの効果を実感することができません。

 

そこで確実にアイキララの効果を実感するために、これだけはおさえておくべきという点を紹介してます。

 

最低限知っておくべきアイキララの基本的な使い方

アイキララ,使い方
アイキララの効果を確実に実感するためには、1日2回朝と夜にアイキララを正しい順番で使うことが大切です。

 

アイキララの使い方の順番は1洗顔、2化粧水、3アイキララ、4乳液が基本的な順番になります。

 

洗顔時の注意点

 

アイキララの効果を確実に実感するためには、まず洗顔により皮膚の汚れやメイクをしっかり落とすことが大切です。

 

特に目の下にはマスカラなどが残っている場合があるので、皮膚にダメージを与えないようにこすらないで丁寧に落とすようにしてください。

 

化粧水の時の注意点

 

洗顔で汚れを落とした後は手持ちの化粧水で皮膚を整えます。

 

この時にも洗顔の時と同様に目の下の皮膚にダメージを与えないように擦らないで優しくなじませるようにしてください。

 

アイキララを塗る時の注意点

アイキララ,使い方
アイキララを塗る時には気になる部分を中心になじませていって、最後に目頭から目尻に向かって伸ばします。

 

この時に目に入らないように注意してください。

 

間違えやすい点がアイキララを使用する量で、1プッシュを左右の目の下に別けて使用します。

 

1プッシュずつではないので気をつけてください。

 

これを間違えると、1本で1ヶ月使えるアイキララが半月でなくなってしまうことになります。

 

塗りすぎても効果が現れやすいわけではなく、ただ単に無駄になるだけなので注意してください。

 

乳液をつける時の注意点

 

アイキララを付けた後に皮膚に浸透した成分にフタをするために手持ちの乳液をつけます。

 

この時もデリケートな皮膚にダメージを与えないように優しくなじませるようにしてください。

 

なお乳液のような油分の多いアイテムを使用する場合にはかならずアイキララの後で使用するようにしてください。

 

アイキララの前に油分の多いアイテムを使用してしまうと、先に皮膚にフタがされることになって成分が肌に浸透できないからです。

 

またオールインワンタイプの化粧品は基本的にアイキララの前に使用しますが、油分が多いタイプの場合には乳液と同様にアイキララの後に使用するようにしてください。

 

アイキララの使い方の最低限おさえる点のまとめ

アイキララ,使い方

 

アイキララで確実に効果を実感するためには最低限次の点に注意してください。

 

・目の下の皮膚はデリケートなので強くこすらないように気をつける
・洗顔で汚れをしっかり落としてから使用する
・適量を守る
・使う順番を間違えない(特に油分の多い乳液はアイキララの後で)

 

以上の点に特に気をつけて使ってください。

 

またアイキララは塗ってすぐ効果をでるような即効性のある商品ではありません。

 

確実に効果を実感するためには最低でも3ヶ月以上継続して使用する必要があること気をつけてください。

 

>>アイキララの購入者の本音の口コミの詳細