目の下のクマ ドライアイ

MENU

目の下のクマとドライアイにはどんな関係があるのか?

目の下のクマ,ドライアイ
目の下のクマの原因は一般によく知られているものだと睡眠不足であったり、疲れがたまってしまっていることも考えられます。

 

また目のまわりの毛細血管の血行不良や、皮下脂肪の減少、メイクの落とし残しや紫外線による色素の沈着なども目の下のクマの原因になると言われています。

 

一方で目の下のクマができている時には同時にドライアイの症状も起こしている可能性があるので注意が必要です。

 

 

ドライアイとは

目の下のクマ,ドライアイ
ドライアイとは目の水分が失われて乾燥している状態のことで、目に痛みやかゆみを感じたりします。

 

ドライアイの原因は様々なものが考えらますが、最近では特にパソコンやスマホの画面を長時間ながめ続けることでドライアイの症状を訴えることになる人が増えているようです。

 

そしてドライアイは目の周りの筋肉である眼輪筋が衰えることが原因のばあいもあります。

 

眼輪筋が衰えて、眼輪筋が支えているまぶたの皮膚等が垂れ下がってきちんと機能しなくなると、まばたきがしっかりできなくなって、ドライアイの症状がおこることがあります。

 

なぜなら本来まばたきをすることで、目の全体に水分を行き渡らせていますが、まばたきができなくなることで、目の水分が不足して乾燥を引き起こすからです。

 

目の下のクマと同時にドライアイになっている理由

目の下のクマ,ドライアイ
目の下のクマのうち黒クマは目の下の皮膚がたるんで垂れ下がってしまうことにより目の下にできる影です。

 

そして目の下の皮膚のたるみは目の周りの眼輪筋が衰えて目の下の皮膚を支えられなくなることからも生じます。

 

ようするに黒クマとドライアイは同じ眼輪筋の衰えが原因なので、目の下の黒クマが生じている場合には同時にドライアイの症状も生じていることがあるということになります。

 

眼輪筋を鍛える方法

目の下のクマ,ドライアイ
目の下のクマとドライアイの原因にもなる眼輪筋の衰えをケアするには眼輪筋を鍛える必要があります。

 

眼輪筋を鍛えるトレーニング

 

1.下を軽く出して、上下の歯で下を軽く噛みます。

 

2.下のまぶただけを使って目を閉じるイメージで下のまぶたに力を入れて、下まぶたをテンポよく上げ下げします。
最初は1秒間に1回ずつ30回、慣れたらつかれるまで繰り返します。

 

 

3.軽く上を向いて遠くの物を見るように目を細めてから目を開くことをくりかえします。

 

以上のトレーニングを続けることにより、眼輪筋が鍛えられてドライアイの解消と目の下のクマのうち眼輪筋の衰えが原因となる目の下のクマである黒くまを解消することができます。

 

また目の下のたるみについても、そもそもは眼輪筋の衰えによってできた目の下のたるみによる影が黒クマなので、解消できるということになります。

 

最新のアイキララの口コミ